ニッティ・グリッティ

ニュース

2020_04/10

IT導入補助金で最大150万円が補助されます。

IT導入補助金は、HP制作やネットショップの開設、システムの導入などITツールを導入する時に購入費用の半額を(150万円上限)国が負担してくれる補助金です。
 
本日4月10日にIT導入補助金の事務局ホームページ上にて、
「IT導入補助金2020 公募要領(暫定版)」が公開されました。
今回のコロナの件でネット事業を強化したい方や、既存の店舗ビジネスだけだと不安だという方は是非ご相談ください。
 
こちらの補助金を使って、ITの新規部署を立ち上げるなどが可能です。
 
 
この補助金に間に合うように弊社もかねてから開発を依頼していたWEBのシステムがついに完成し、来月から運用開始となります!!
 
WEBGROWというシステムで、IT化ができていない様々な企業が我々WEBマーケットをしている会社に運用や解析は外注していて、社内にノウハウが蓄積しないという状況を脱却し、このシステムでサイトを作れば、どこを見たら自分のサイトの成績や結果が見られるのかということが直感的に図や表やグラフで分かりやすく見られ、さらに東京の最強WEBチームと繋がった弊社のコンサルも超低価格の月額費で付いてくるので、社内にどんどんWEB運用のノウハウが蓄積していくというシステムです。
さらに社内で運用できるように様々な便利機能が満載で、WEBの知識がない方でも運用ができるようになるシステムです。
こちらの導入費が補助金の対象になります。
 

WEBGROW easy web solution system

 
 
 
僕が普段からクライアントさんに言っていること。
よく「餅は餅屋に」と言われ色々と丸投げしようとされる方が多いですが、結局、その会社の持っている商品の知識も業界の知識も、会社の今後の展望や方向性も一番よく理解しているのはお客様とその社員さんです。この場合の餅屋(運用面)は確実にお客様自身です。ですので、お客様の知識ややりたいことを叶えるために一生に懸命に手を貸す努力はしますが、お客様にもそこに本気で向き合っていただかないとうまくいくわけがないということです。ただ、ITに対して基礎知識がない方は何をすべきなのか、何から手を出したらいいのか、どこに口を出したらいいのかちんぷんかんぷんなのも分かります。なので、素人の方でも簡単に理解できて、何がしたいかに対して何をすればいいのかもシステムが全て全自動で指示をしてくれてやるべきことが明確になるシステムを作ったのです。
 
今コロナの件で売り上げが立たず困っている方から次々に相談の連絡をいただいています。
彼らと話をすると、WEBの世界でまだまだやれることがあるのに、そういう情報や知識がないために何もできず絶望している方が多くいらっしゃいます。
そんな方々を救える機会になればいいなと心から願います。
 
 
IT導入補助金の申請に関しては、弊社でも実績がありますで、アドバイスなど手助けができます。
 
できる人ができることを。
役割に生きる。
 
 
1秒も無駄にすることのないように皆で助けあっていきましょう!
 
 
ちなみに、IT導入補助金の2次公募での準備内容で、特に時間がかかるのは、「GビズIDプライム」取得となります。
GビズIDのホームページ
https://gbiz-id.go.jp/top/index.html
 
取得には、印鑑(登録)証明書と申込書を郵送して申請後、通常2~3週間かかります。
申請されたい方は、お早めのご準備をお勧めします。
 
#IT導入補助金
#補助金
#補助金情報
#ニッティグリッティ
#社内IT化支援ツール

ニュース一覧

PAGE TOP